雑記

夏合宿3日目『ニュース』

 午前のメニューはルートプラン(実地)でした。
一応T橋の指導をしてコースは見ていたし、プランもそれなりにしていたのだが。
いざレースが始まれば、ほとんどそこでプランを再考。
まぁ、現地と対応させて考えなければならないことも多いしね。

 そんなわけで、事前にコースを見ている以外は普通のレースであるこのメニュー、がんばりました。
それなりにタイムも悪くはないと思います。
よくもないですけど。
やっぱり、合宿は途中が抜けるとうまく調整できません。
やれやれ。

 午後はスコアO…に参加しながらの試走。
今回のスコアは簡単に言うと『誰かと会ったらじゃんけんをして、勝ち続けるバトルロイヤル』
で、ルールは複雑だし、自分は試走をしなくてはならないので乗り気ではなかった。
が、1回くらいはじゃんけんしてもいいかな、と思った。

 スタートしてすぐ、僕はテレインを北上し、図情杯のスタート地区へ。
そこだけで17分もかかった。ちなみにスコアの制限時間は90分。
で、そこから試走をしながら、スコアOのポストも取りながら、つぼりながら、90分間フルに走った。
いやぁ、疲れた。
ていうか、WEを走ったけど、とんでもないアップとかあったので、削るように申請。
さすがにあれはキツ過ぎる…。

 夜は図情杯の開会式。
やっぱり、スタート順抽選は盛り上がる。我ながらいい演出を持ち込んだもんだ。
が、この時点で担当の図6のコースは白紙状態。
試走をしたときに会場候補も見てきたのだが、とても使える場所じゃなかったのだ。
まぁ、この辺は適当にごまかしつつ、開会式終了。

 夜、図情杯の準備も終わり、OBの談笑タイム。
いろいろ、話を聞いた。
そこ以外でも衝撃的なニュースなどがあり、今回の合宿は僕にとって衝撃の連続だった。
「がぁ〜、そうだったんですかぁ〜?」
ってなもんよ。
そして2時過ぎまでお話は続き、果たしてこれで明日は大丈夫なのか?

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。