夏合宿4日目『図情杯』

 そして迎えた図情杯当日。
OBになってから毎年思うけど、早いなぁ〜。
現役のころは、もちろんだけど、全メニューに参加して、濃い合宿をしてきた。
でも、OBになると、とりあえず図情杯の運営があって、それであっという間に時間は過ぎる。
…それとも年をとると時間の流れが早く感じるって奴でスカイ?

 図情杯の運営は、あとからわかったことも多々あるけれど、
脇野が表彰式のときに言っていたように「ツメが甘かった」と思う。
熊のことがあったとはいえ、もっと気をつけていれば防げたこともあった。
来年はまた、最高の舞台を用意できるようにがんばろう。

 で、図情杯をとったのはMEはT橋、WEは澤さん。
うむ、どちらも予想通り期待通り。どちらもぶっちぎり。頼もしい限りである。
2年生は図情大最後の世代となるわけだが、もう一花咲かせるだけのポテンシャルはあると思う。
がんばってクレイ。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING