雑記

しあわせなゆめ

 ゆめをみた。
 昨日の晩、彼女の声を聞いたからなのか、しあわせなゆめだった。

 よくわからないが、何故か僕の部屋に彼女は来ていた。(ほかにも数人いた気もする)僕の部屋はまだまだ乱れた状態で、彼女もひどいと言っていた。そのうち、なぜだかわからないが、彼女は倒れて、そして、僕と抱き合っていた。とはいっても、肩を抱き合っていた、みたいな、そんなカンジ。でも、それを彼女は受け入れてくれていたし、僕はとてもうれしかった。

 起きたとき、それは現実だったんじゃないかと、思ってしまった。それほど、現実だったらうれしいことだった。

 バイトでオクヤマくんからFF9を借りる約束をした。今度の木曜に持ってきてくれるそうだ。楽しみ。でも、木曜までの3日間、何をすればいいんじゃぁ・・・。と、いうわけで夜はひたすら暇だった。暇なので、12時くらいには寝てしまった。明かりを消して、さぁ寝ようと思った瞬間に電話が掛かってきた。なぁんてグットタイミング・・・やるな。その電話でゼミ合宿が28日になった。合宿といっても日帰りで釣りに行くらしいケド。ま、行けたら、行こう。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。