その先に見えたもの

 7時起床。目覚ましは7時半にセットしてあった。
なかなかの目覚め。

 そして今日は北山公園へ。
合宿に来れなかった1年生の宮井君にオリエンテーリングを教えるため。
合宿に行っていないのでまだ1人で山に入ったことがない。
でも、今週末の新人戦には申し込んでしまったと。
今からではちゃんとした山に入ることは難しい。パーマネントならどこかにあるかもしれないが。
と、言うわけで現在調査中の地図を使ってやることに。
もちろん一部しか作図されていないが、それでも尾根・沢を教えるには十分かと。
で、何故か僕が教えることに。…なんで僕なんだ?そういえば。

 自分の運転では久しぶりに北山公園へ。
1箇所道を間違えたものの、なんとか到着。
朝から降っていた雨も止んできた。よかったよかった。
そして準備をして、いざ山の中へ。

 十数分後、靴をO-シューズに替えていなかったことに気付く。
普段靴がビショビショだ…。
僕の言ったことを宮井君が理解してくれたかは わからないが、無事終了。
新人戦ではとにかく無事に帰ってくることを祈る。
車に帰ってくる頃にはジャージに植物の種がびっしり。
う〜ん…何時の間に。恐るべし。

 帰る頃にはもう天気ピーカン。暑いぜ。
午後から行けば、もう少し爽やかだったかな?
ところで僕は膝を痛めていたはずだ。その調子はどうか?
…良いというよりは悪いに近いデス。
昨日、発注のときに足組みしたのがイタイ。
治るのか?ホントに…。ちょっと不安です。…弱気?

 会うと心が嬉しくなる人がいる。
それは、とても幸せなことだと、そう思う。

 TVで心理テストのようなものをしていた。
「あなたは螺旋状の階段を駆け上がっています。
すると、突然1匹の猿が現れました。
猿は貴方になんと言う?」

階段を駆け上がってきたのは5年後の貴方です。
そして猿は現在の貴方、かける言葉は今の貴方が5年後の貴方にかける言葉。
これから5年間などを暗示するという。
僕の場合は
「よぉ、疲れただろ?ここで やめても いいんだぞ。」
そして僕は「まだまだ、いけるさ」と答える。
…5年後の僕は頑張っているのだろう。
そして、まだまだ行くのだろう。今の、その先へ。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING