Tai-Yo練習会

 予報どおり、雨が降っています。
冬の雨、最悪な天候です。
でもまぁ、そういう大会がないわけでもないし、寒さ対策の練習でもあるので行きます。
前日に申し込むんだから、そんなのわかってて申し込んだんだし。

 2時間あれば、余裕で着くかな、と思っていたら、余裕すぎ。
途中のコンビニでゆっくり立ち読み。
そのコンビニを出ようとしたらおっちゃんが近づいてきて、
「これ、読むか?…読まねぇか…。」
と、ペーパーブック(?)を2冊ほど持ってきました。
チラリと見たそれは興味のない分野の漫画だったのでパス。

 さて、レース。
午前は1年生運営による予選。
通る気はありませんでした。何となく。
とりあえず新しいコンパス(サムコン)になれるのが目的だったこともあって。
そのせいか、最初から気合が入らず。淡々と進んでいく。
後から反省してみると、真面目に走ったレッグが1つもなかった。
ソレハヤバイ。反省。
サムコンには、やっぱり違和感というか、使いづらい。
CCだったこともあって、うまくマップを持ったりサムリーディングできなかった。
最後の方では、持ち方が自然と変わっていて、それがいいかも。

 で、昼休み。
なんとA-Final進出です。ていうか、人数多すぎ。
ボーダーまであと2人、4分はありました。作戦失敗。
しかも、休みの時間がかなり短い。
これでは食事したり、その消化の時間が全然足りない。
最初はもっと遅い予定だったらしいけど、回りの意見で早くなった模様。
いや、お昼の時間はもっと取って欲しかったなぁ。
そのわりに、午前も午後もウォームアップを十分にしているっぽい人はいなかったし、
その辺の知識とか、経験が欠如しているんだろうなぁと思った。
まぁ、コーチでもないし、わざわざ言わないけど。
自分に関しては、最近の朝トレのこともあり、20分は走らないと身体が温まらない、とわかった。

 そして午後の決勝。
最初から、やっぱりテケテケモード。
気合が入らない。
これじゃあイカンなぁ、と思ってスピードアップ。
あ、走れるじゃん。と思った。
しかし、意識的にスピードアップしないと普段どおり走れないなんて、ちょっと困る。
その後はまぁ予選よりはかなりマシに、それなりに走ったのだが、満足には程遠い出来。
心拍数だけは、それなりに上がっていたけど。
新しいコンパスのせいなのか、コントロール周りでの動きがぎこちない。
気合が入っているかどうかで大分違ってくるところでもあるけど。
サムコンになれるには、まだ数レースは必要そう。
とりあえず、しばらくこれで行って見よう。
と、思ったら今度のジュニアチャンピオンもCCだ。
…どうしようかな?

 レース後は、さっさと帰って仕事等したかったので、表彰式前に参加費を払って退散。
表彰式までいられなくてすいませんでした。
まぁ、とりあえずでも今週もオリエンテーリングできたからいいかな。
やれやれ。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING