DQN2

 近くのコンビニに行った帰り。
そこの駐車場はちょっと入りにくかった。(それでも、普通なら入れる。)
若者4人が乗った車が道から左折で入ろうとして、うまく入れなくなっていた。
「入れねぇや。」
とか言って、入るのを止めて車発進。
「ヒャッホウ、ッフー!」
とか言っている。…やばい、重症患者だ。

 なぜか、近くのレザーショップとか美容院のある駐車場に入る。
そして転回してまた出る。だが、進行方向は変わらず。何をしたいのかわからない。
「ヒャッホウ、ッフー!」
また叫んでいる。

 車から何かが撒かれた。
ゴミだ。
よく見なかったが、ペットボトルについているオマケの袋とか、そんなの。
「ヒャッホウ、ッフー!」
まだ叫んでいる。
あ〜あ、この先にパトカーがよくいるところがあるんだよな〜。
何かでつかまったら面白いな〜。
が、そのパトカーは一時停止違反を取り締まるやつで、こっちからの道には一時停止の標識はない。
残念だ。
やっぱりパトカーはいなかったけど。
残念だ。

 春なんだねぇ。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING