雑記

弱音と目標

 昨日、ふと思ってしまった。ここに来て、よかったのか?と。
4月から職を変えた。住居も変えた。(1月末に)車も変えた。いろいろ新しくなった。それから3ヵ月半。はたしてこの選択はあっているのだろうか?と。



 収入は以前のほうがいい。今はギリギリというか、ひょっとしたら赤字だけど、なんとかやっている感じ。借金は残っている。(おもに引越しのためだけど。)前は裕福ではもちろん無かったけど、困っている、というでもなかったしな。

 埼玉に求めていたもの。トレーニング環境と山。たしかに飯能とかは近いけど、そこ(とりあえずさわらびの湯)までは結局車で40分くらいかかる。…筑波山に行くのと変わらない。あ、でも5時間とかのトレイルランコースはたくさんありそう。行けてないけど。…筑波山ももう少し調べればいろいろ行けたかも。結局、ケガでほとんど走れてないしな。4月に渋谷で走っているときは充実していた気がするけど。やっぱりトレーニング環境としてつくばは恵まれていると思う。

 職。今は事務。前はコンビニ夜勤。コンビニで働くのは嫌いではないし、進路の1つとして大有りだった。実際、あるお店の店長(候補)として働く、という道もあったわけだし。結局今の道を選ぶために断ってしまったけど。昼の仕事ができるのはいい。ただ、どうせ地下なので日の光を浴びるのは出勤時だけ。そして通勤時間の憂鬱さを考えると、どうだろうか?今の仕事は、今までとはまた別の視点からオリエンテーリングを知ることができるし、勉強になる。でも、まだそれを活かせるような段階にはきていない。役にも立てていない。こんな風に思うのも、その『(自分の)役に立っていない、(自分が)役に立てていない』ということからだろう。もっとしっかりしなきゃ。そして、何か掴まなきゃ。

 町としても、所沢(狭山ヶ丘)の町は仕事から帰ってきてからまた仕事に行くまでの時間を過ごすだけで、どこかに遊びに行くでもない。お店などの充実さもつくばのほうがいい。少なくとも僕には。そういうこともあって、まだ『自分の町』にはなりえていない。つくばはやっぱり自分にとって夢見た町だったのだろう。車で生活しやすいというのもいい面だった。

 そんなわけで、できるならつくばに帰りたいものだけど、今戻るわけには行かないし、戻ったからって何ができるわけでもない。あぁ、大学4年の頃に同期に「(キミは)つくばを離れる気がしない」と言われたことを思い出す。親も「どうせつくばが1番なんだから、もう好きなだけいたほうがいいよ。」って言ってたっけ。

 というわけで、つくばに再び住む、というのは今のところの目標。けっこう難しい目標。今の仕事は2年はやるつもり。(アパートの契約が2年なので。)で、O-Newsでもなんでも使って副収入が今の収入を越えれば、生活できる、つくばに戻ることができる。おぉ、かなり難しい目標だ。

 とりあえず、O-Newsとか自分の使えるものを使ってお金を稼ごうという意思が強く出てきたのは、こっちに住んでからのもの。それだけ収入が少ないってことだけど。コンビニで働くのは、『コンビニ』というものが好きだからいいけど、それを除いてオリエンテーリング関係以外で稼ごうとかは思わない。どうせならオリエンテーリングで儲ける、それが目標。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。