WOC終了

 JWOCに引き続き、今夏の世界戦第2弾、世界選手権が終了した。あと少しなんだけど、その少しで届かない予選通過。ホント、壁が高いなー。たぶん、来年は出場選手が今年とは大きく変わると思う。(今年が一区切りと思っている選手、2年に1回で調整する選手、後進の成長等から。)その来年出るであろう選手たちが、とりあえず今年の選手たちをあっさり超えない限りは、予選通過はやっぱり厳しいと思う。

 難しいね。そして、彼らのために、自分にできることは何か?なけなしの僅かな金を支援にまわすことだけか?それとも他にあるのか。あるとすれば、何か?どうすればいいのか?

 IOFのページの写真、リレー女子の写真を見て、これまでちょっと不思議に思っていたことが氷解した。
©IOF
こういうWOCとかJWOCではいつも日本は最後尾から着いていくようなスタート写真しか見たことがなかった。だから、インカレとかみたいに、きっと前年の成績で並び順が決まっているんだと思っていた。いや、それはそうなのかもしれないけど、この写真の時点では中国が先頭に立って、スウェーデンとかは中の集団に紛れている。日本がいつも最後尾にいるのは、単に遅い・前に出ようとしないからなんだ、と気づいた。

 もちろん、スタート直後に先頭に立ったからってトップになれるわけじゃないし、地図読んでいるのかも疑問だったり、最後尾だったからってビリになるわけじゃない。それぞれの人のタイプによって戦略も変わってくる。でも、今回7位になった中国と25位になった日本の差が(勢いの差が?)こんなところにも出ているんだな、と思った。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING