雑記091130

 この間買ったiX7000で使うインクは近くの電気店では売っていない。このインクを使うのはiX7000とあとはpro9500とかだけっぽい。そんなわけもあってamazonでインクと紙を買う。A4の用紙が30枚(マーケットプレイス)と100枚(amazon)がほぼ同じ値段だった。

 これが今日届くことになっていて、午前中待っていたのだけどなかなか来ない。で、O-Gamesのプログラム印刷していたら紙が無くなった。仕方なく買いに行く。直線距離100mくらいのところにコジマがあるので、便利。

 で、10分くらいで帰ってくると不在通知…。狙ったかのように10分の不在中に…。これがマーフィーの法則かッ!

 印刷したプログラムを送るとき、ちょっと悩む。このままステープラで留めて送るのは、ちょっと雑な気がする。というかなんかかっこ悪い。製本テープを使う?うーん、何かいい装丁方法ないかな?と考えていて、前回のジャンボリーのときからはこうしている。100円ショップでカラーバーファイル(レールファイルとかレールフォルダとかいうらしい)を買ってきて、それに挟み込む。まぁステープラで留めるよりは見た目よくなったかな?

 郵便局で発送し、ついでに参加費を払い出ししとこうかなと思ったが印鑑を持ってきていなかった。出戻り。自転車でまた来るとやっぱり混んでいる。24人待ちくらいだった。とは言っても諦めて帰る人とかいたのでそれなりに進む。2〜30分待って、ようやく参加費の一部を現金で手に入れることができた。自分の物ではないそれなりの額のお金がある。感覚が狂いそうで怖い。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING