車に轢かれ(そうになっ)た

 今日は、親が来ることになっていた。
まだ時間がありそうなので、家賃を払いに不動産屋へ。
家賃を払って、親から電話。着いたらしい。
急いで家に戻る。
そして、曲がり角。
紅い車が出てきた。
僕は自転車のブレーキを握りしめる。
ちょっと効きが悪い。
あれ?車が止まらない。
あれ?ちょっとやばいかな?やばいかな?

なんて思っていたら、やっぱりぶつかってしまった。
でも、むこうも曲がるところでスピードを緩め、こっちもゆるめていたので
大事にはならなかった。
ただ、自転車がよけ損なって潰れた。
前輪がひしゃげてしまった。

車の人は慌てて出てきて謝ってくれた。
僕はてっきり「危ねぇじゃねえか、この野郎!」なんて言われるかと思って
ちょっとびくびくしていただけに意外。でも、当然だろう。
結局、僕自身にはケガもなかった(あとで擦り傷1カ所発見)ので
自転車だけ弁償してもらった。1万円くれた。
この自転車、9000円くらいだったので、ちょっと得した。
でも、自転車買うかなぁ?
最近は移動がほとんど車なので自転車は久しぶりだったのだ。
う〜ん、折り畳み自転車買って、車に積もうかな?

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING