雑記

納得できないこと。だから久々に憤慨。

 補講のために1限から学校へ。
が、教室が開いていない。
ふと見ると、周りには同じような人たちが…。
とりあえず警備員に鍵を開けてもらい、先生を待つ。待つ。待つ。
9時20分ごろ、学務課を通して連絡が取れた。
何でも、先生は3限のつもりで自宅にいた。でも掲示は1限。
結局、3限にやることになって解散。

 で、3限。先生はそのことについて
「1限になっていたようで。でも、私は悪くありません。文句は学務課に言って下さい。」
…確かに、1限と張り出したのは学務課だ。文句を学務課に言うのは納得できる。
でも、迷惑を受けたのは生徒だけだ。形式上だけでも、先生は一言謝るべきだろう。
どこで間違い勘違いがあったのかは今では闇の中だが、先生と学務課の間で間違いが起きたのだ。
その被害を受けたのは学生なのだ。やっぱり誤るべきだろう。
と、補講が始まって1分で何やら嫌な感じ。

 補講の内容は、というと前回とまったく同じテスト。
このテストは持ち込みOKだけど、教科書には載っていないことで、
ノートがなければできるわけがないもの。当然できなかった。
ていうか、今回呼ばれたのはそのテストができなかった者たち。
つまりはノートが手に入らなかった者たち。それがいかに問題を知っていようと
たかだか4日後にどうしてできようか。
その4日間は補講が追試だと知らされたわけでもなく、補講が行われたわけでもない。
それでも先生は「テストができなかったのなら、なぜ自分ができなかったのか、
図書館などで勉強するのが…自主性というもので、そういうのが大学の勉強だ。」
というようなことを言ったけど、このテスト週間にそんなことをする輩がいるだろうか?
ましてや「補講」と言っているのだから、講義を聴きに来るのが普通だろう。
「追試」とは聞かされていない。
…まぁ、そんなわけで幾つか意見を解答用紙に書いて提出した。
でも、結局は提出時の「個人面談」が主なのだろう。
出席状況などを確認して、単位はもらえるという。
言ってやったよ「これに『テスト』としての意味はあるのか?」と。
何かいろいろ言っていたけど、この先生は話を違う方向へ持っていって答えない。
何を質問しても同じだ。
僕は思う。これに「テスト」としての意味なぞない。
とまぁ、先生と闘って補講は終わった。でも、単位はもらうよ。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。