雑記

ショートセレ

 あまりよく眠れなかった。
ベッドに入ってもなかなか寝付けない。
最近こんなんばっか。やれやれ。
 そして今日はショートセレ。
まぁ自分は出ないけれど、現役生たちの応援というかオフィシャル。
あいかわらず直前になってからの頼みなので、雑用以外の何もできない。
ま、いいけどね。
で、いざ会場へ。ちなみにテレインは高麗日和田山、4年前の多摩OL大会のテレインだ。
集合時間を早めに設定したので予想通り早く着いた。
そして細々した仕事をしつつ荷物を持ってゴール地区へ。

 トップスタートから30分。予想ではもう帰ってきてもいいのだが…。
なかなか選手が帰ってこない。厳しいコースのようだ。
そのうち各校の選手が帰ってきてゴール地区も賑わってくる。
が、図情の選手は帰ってこない。
なかなか寂しい思いがある。
まぁしばらくしてみんな帰ってきた。1年生2人もそれなりで帰ってきてくれた。
みんなお疲れさま。
でも、やっぱり自分が走らないで待っているだけというのは何とも…。
やっぱり僕は走りたいね。

 結果、脇野と前田さんが通った。2人とも4年目にして初の、念願の、といった所か。
そのほかの人は、まぁそれなり。
でも、厳しいコトを言えば、やっぱり弱い。速報を見て、書き写していても何だか悲しい。
やる気を出しているように見えても、結果がついてこない。
それが「努力が結果に結びつかない」のならまだいいのだが。う〜ん、どうだろ?
最近は地図読みとかしているらしいし、それが形になるのはまだ時間がかかるのかな?
そうであると思いたい。
でも、やっぱり僕が「怖い」と思う人は今の図情にはいない。
比べるのもどうかと思うが、2年前の僕と比べてもやっぱり全体的に弱い。
図情大OLCもあと数年で終わる。
もう一花咲かせることはできるのかな?
3年前の日光、山田たちは5位入賞して花を咲かせた。
2年前の作手、僕たちは図情男子初の完走を果たし、花を咲かせた。
もうチャンスは少ない。がんばってほしいものだ。

 大会後、齋くんの部屋で数人で遊んだ。
その日は車だったので飲まなかったけど、酔ってるかのように話した。
けっこう楽しかった。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。