雑記

恋愛観

 ちょっと時間があったので、前々から読もうと思っていた「パジャマでごろん」3巻を読む。
という前に、1,2巻のおさらいをせねば。なんせ、1,2巻を読んだのはもう何年か前なのだ。(3巻は最近になってエリアに配置された。)
う〜ん、いいなぁ。
主人公のはるひさんは僕にとってある意味理想(幻想)ですね。こんな生活、いいなぁ。

 はるひさんの影響もあるのか、最近、一人称を名前+さんで言うのがいい。まぁ普段からそうなのは勘弁ですが、ちょっとした時に使われるといいですね。まぁ、これは最近他のサイト様の文体からも思ったことでして。ただこれは男がやるとどうにも変だと思うので、もちろん僕はやりません。

 はるひさんは人見知りで、他人に対してはクールで知的な女だったり、良き妻だったり、人当たりのいい人に見られたいらしく、初対面の相手だとか、そこまで親しくない相手だとずっと敬語。作中で2人の出会いの頃とか出ていたけど、そのときもずっと敬語。これが何か僕には、いいんだよなぁ。

 男にも女にも言えるんだけど、それまでは敬語で話していたりしたのが、付き合いだしたらそんなのは遠い昔の話になることがよくある。まぁ、それくらいはいいんですけど、少し経つとトキメキも失われるのか、相手の事を見下げたような発言が出てくるんですよね。それがたまらなく嫌いです。
あなたとその相手はお互い好きで付き合っているのだから、そんな相手をバカにするようなことはやめてください、と思うわけです。まぁ、あまりにラブラブというかバカップルなのも問題ですが。

 そんな僕の恋愛観です。
では実際の僕はどうなんでしょう。どうなんでしょうね?惚れた相手ができたときにまた考えましょう。

 ところで、本を読む間にトレーニングにも行ったのだけれど、腰が痛くて走れなかった・・・。_| ̄|○
正確には腰の下、お尻の上辺り。・・・何て言う所だ?
ツーッという刺激的な痛みではなく、響くような、沁みるような痛みです。対処法としてはゆっくりとお風呂につかることなのですが・・・。
まだこのアパートに引っ越してから1度も湯船にお湯を張っていません。風呂掃除も面倒です。どうしましょう?

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。