インカレショート

 足の小指を、ドアの端にぶつけました。
かなり痛かったです。(x_x)

 今日はICSでした。
でも、某大会準備の為、行けず。
これがまた時間がかかった。
9時からで、お昼は無理だとしても15時くらいには終わるかな?
とタカをくくっていましたが、終わったのは19時半でした。
いよいよ大会まで1週間です。
不安はあるものの、頑張りたいと思います。

 で、ICSです。
行けなかったものの、カメラには行ってもらったので、写真だけ見る。
いろいろと知り合いが表彰されたみたいです。
おめでとう。
でも、A-Final進出とか、そういう本人の納得のいく、
満足な成績を出せた人はいたのかな?
(いや、脇野は5年生なので併設3位入賞おめでとう。
 特別表彰だったのだろうか?ブーイングはあったのだろうか?)
とにかく、今の気持ちが大事です。
悔しいとか、悔しいとか、来年こそとか。
僕は3年生の時のICSでB-Finalに出て、
「来年はA-Finalだ。」
と固く心に誓いました。そして見事A-Finalに出ることができました。
まぁ、A-Finalの内容は散々でしたが。

 4年生にとってはICSは終わってしまって、他の人たちにも
インカレがまた1つ終わってしまった事に変わりはないけれど、
まだ今年度のインカレはクラシックもリレーもあります。
そこへ向けて、そして更にその先に向けて何ができるか、
何をしなければならないのか、そういうことが大切だと思います。

 ICSの前に、ある方の日記でまた「何か」を貰った気がします。
この方の言葉はいつも僕にピンポイントで響く。
「今の自分以下はあっても自分以上は出せない。」
確かにそう。
認めると言うことはすごく大事。諦めることじゃない。認めるだけ。
そこから、生み出すことや成長することができるんじゃないかな。
難しいけどね。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING