雑記

責任

 『香取君には夢を語った責任があるんだよ。』
昔、マンガでそういうセリフがあった。
題名は忘れたけど、原秀則だったか?
夢を達成するには、一人じゃどうしてもできなくて、
そうやっても誰かを巻き込んでしまう。人を巻き込む以上、
その夢を簡単に諦めることなんてできない。
自分の夢だったものが、いつしかみんなの夢になっているから。

 僕が語った夢は何だったのだろう?
学生の頃は、図情大男子初のウム回避(完走)をすると言った。
チームでのことなので、当然他の人を巻き込まなければできない。
そして、4年の、最後の最後で、何とか達成することができた。
ルール改正などで、ちょっとあっけなかったけど。

 今、僕が語れる夢って、何だろう?
ちょっと、難しい問題かもしれない。今の僕には。
胸を張って夢を語れる日が来ると、いいな。
でも、今は人の夢に巻き込まれるのもいいと思っている。
僕を巻き込んでくれる素晴らしい夢、誰か語ってくれないかな。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。