オリエンテーリング

岩沼2days

 さて、2日目、リレーです。
前日高橋さんにお願いしておいたおかげで、チームを組めることになりました。
ただしMV(男子ベテラン)クラスです。
ベテランってシニアの更に上のクラスで、50歳とか60歳の人たちです。
さて、どんな人とチーム組むのだろう?

 と思っていたのですが、結果的に
櫻田(23)-宮城島(26)-坂本(22)
という、ときわ走林会チームになりました。これでもベテランクラスです。
怒られそうですが…。チーム名は福島ベテランズ…。
はっきり言って負けるわけには行きません。

 さて、コースはウィニング120分、1人あたり40分です。
コレに対し、櫻田くんが41分。
けっこうかかったな〜、と思いつつ、自分は35分半、坂本くんも36分。
これ、実際のベテランの人に40分は無理です、はっきり言って。
ちなみに、参加チームは僕ら(オープン)ともう1チームです。
ま、当然勝ちました。

 自分のレース内容は、やっぱりイマイチ。
昨日ほどの気合も入らず。
だけど、リレーなので、少し安全策をとったり、落ち着いてはいたりと、それなりの評価も。
ただ、心拍数なんかを見ても、もっと追い込めたかな〜と。
ちょっと疲れたね。

 この大会、レースもイベントも表彰式も、全てが楽しめました。
いきなり行きたくなって行った大会でしたが、行ってよかったと思います。
クラブ対抗戦の表彰の時に、集計が終わってなくて、時間稼ぎに松澤さんがインタビューし始めました。
ときわ走林会へのインタビューで僕にも来ました。
いや、ときわはリレーに1チームもエントリーしていないんですが…。
インタビューされるなんて初めてだったのでびっくりしました。
そしてときわ走林会は4位入賞!個人戦の成績だけですけど。

 帰りは何と番場さんを乗せてつくばに帰ることに。
番場さんですよ、番場さん!
今まで話した事もなく、顔を覚えたのも最近です。そして日本代表。アンド日本選手権覇者。
そんな女性と2人きりで、つくばまで6時間の旅です。
会話がなくならないか、甚だ不安でした。

 結果、6時間の間、それほど会話が途切れることもなく、眠くなることもなく、
非常に楽しく楽しくつくばまで帰ることが出きました。
バンザイです。
番場さんは思ったとおり、いい人で、そしてやっぱり代表選手だけあっていい刺激を受けられる人でした。
こういう刺激を自身の中でいい方向に動かしたいものです。

 そして、21時半頃、アパートに到着。暑い。
メールを確認して、仕事が着実に溜まっていることを再確認。
明日やろ…。

 ちなみに、今回の遠征、車の総走行距離666kmなり。
燃費は18km/l以上。う〜ん、すごいぜ。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。