深夜から、女子マラソンがあるのを新聞で知り、久しぶりにTVをつける。
マラソンを最初から最後まで見たことは、なかったなぁ〜。
選手それぞれのスタイルと言うか、走り方が、やっぱりそれぞれあって、興味深い。
完全にいい走り方、なんてものはないんだろうな。人それぞれ、なんでしょう。

 金メダルが見えてきた頃には、ホント、すごいなぁ、と思ってみていたけれども、
自分にとって、モチベーションを上げるということに関しては、TVの中の金メダルよりも
生で見るオリエンテーリング日本代表の姿の方が上です。変ですか?
まぁ、自分が直接やっている競技であり、やっぱり生には敵わない、ということでしょう。
実際にオリンピック選手に関わり、生で応援して、その瞬間を見ることができたのなら、
それは凄い感動なんだろうと思います。
でも、マラソンって、その全部を生で見ることなんて、現実的じゃないなぁ。
沿道での応援が精一杯?
大型ビジョンに映し出された選手を応援し、ゴールの会場で待っている人たちがやっぱり
一番豪華な観客席なんだろうな。

 途中の応援団、ピンクの人たちはとても目立って良かったと思います。
その人のパーソナルカラーってあると思います。それが目に入れば、それだけで自分の応援だってわかる。
サッカー日本代表なら青、韓国代表なら赤。
それは選手と応援団が共有できるものだと思います。いいなぁ。
もちろん、ときわ走林会は緑(ときわ色)です。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING