IC2004ミドル

 5時起床。
支度をして朝ごはんへ。
…手違いで宿の人は7時に朝ごはんと思っていたらしい。
予定変更。

 会場設営。
いろいろ手伝う。失職することもなく、会場時間が近づく。
バスが到着し、学生が飛び出してきた。
カメラ間に合わず。

 午前はフリーなので、写真を撮りにスタート地区へ。
心の中で応援しつつ、シード選手を何名か撮り、杉崎さんを撮ったところで終了。
フィニッシュへ。

 フィニッシュ地区はやっぱり氷。
選手ががんばりすぎて転ばないように祈りつつ撮影。
うん、それなり。

 お昼前から中間ラジコンへ。
A-Finalのスタートは13時だが、11時30分から現地へ。
寒い。

寒い。

寒い…。

 前走をしたオーストラリアのエース、トロイ・デ・ハースが通過。

「ハウパッ!…ハッ!」

と叫んでいた。

 選手権スタート。
ひたすら写真を撮りつつ携帯でナンバーカードの番号を入力。
新たな的場システムのバックアップです。

 大体の中間タイムから順位を予想しつつ楽しむ。
農工大の志度さんが通過。

「ウ…ッシャァルゥァ!」

と叫んでいた。

寒い。

寒い。

寒い…。

 茨城大の石母田くんが通過。
僕に気づいてピースサイン。…ぉぃぉぃ。
あきらかに他の選手と違う走り。
もっと真面目に走りなさい。諦めちゃだめですよ。

 筑波大の坂本くんの姿が見える。
…かなり違うところを進む。
こっちを見た。あ、気づかれたかな?
…が、1本ちがう沢を駆け下りていく。
…このミスがなければ優勝できただろうに…。

 その後、撤収へ出発。
そこで山下くんの優勝を知る。
てっきり川上くんだと思っていたのだが…。
まぁ、4年生が優勝したというのは、なんとなく気分がいい。

 夜も準備準備準備。
僕はミドルで撮った写真を整理して、プリントアウト。
もって行ったPCの性能があまりに低かったので、遅い遅い。
試行錯誤して、なんとかプリント完了。
疲れた。

 1日ごとに体重が1kg減っています。
ショック…。
宿にシャンプーがなかったのもショック。
先週はあったのに…。

 この日はけっこう早く終わって0時半に終了。
明日は5時起床と同時に食事。
…。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING