オリエンテーリング

その道は今も、輝いていますか。

 仕事を休んで、つくばに行ってきた。

 図情大のエリア(いわゆる部室)がついに退去を求められたようで、様々な資材をどうにかせねばならない、ということ。つくば在住のOBの家にとりあえず重要そうなものは避難させる、とのことだったが、エリアの最期も見ておきたくて、直接行ってみた。

 古い、いろんな資料が出てくる。昔のO-JAPANとか、手書きのインカレリレー走順一覧とか。いらないものも出てくる。卒論関係の文書やらジャージやら。いろいろ見ていると懐かしさがでてくるが、時間は無常にも過ぎていく。

 とりあえずフラッグは引き取った。パンチやCCもあった。これ、全部を新品で買えば数万円するんだよな。かなり古いものだけど。そういえば、自分が現役の頃は一度も見たことの無いフラッグ(少し小さめだった)が出てきた。それももらった。パンチ台もあったが、う〜ん、あれは使わないだろうなぁ。パンチだけ取り外して貰えばよかったかな。

 しばらく作業した後、事前に連絡しておいた佐々木くんと合流してジョグ。久々につくばの街を走る。やっぱり走りやすいな、ここは。懐かしさを感じながらいろいろ話をしてのジョグだった。その後、RanRanへ久々に行った。Big丼の小盛が食べ切れなかった。自分の現状を現していたな。

 帰りの車の中、どうにもこうにも、何かに焦っているような自分を感じた。佐々木くんといろいろ話をしたせいなのか、ここ最近で2つの故郷(清水とつくば)を巡ったからなのか、また1つ、帰る場所を失くしたからなのか。

 後ろを振り返ることはよくあるけれど、それでも進むのは前しかない。突き進むしか、ないんだ。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。