コンパクト撮影スタジオ付きのDIME 2021年 2・3月合併号を購入してました

もうだいぶ前になりますが、コンパクト撮影スタジオが付録でついてくるという「DIME 2021年2・3月合併号」を購入しました。

ブログのネタにするつもりが、買っただけで開けることもせずに約1ヶ月。もう書店でも売ってないかもしれませんが、一応買った記録として残しておきます。

一応Amazonで中古を購入できますが、安いものは付録なしのものなのでお気をつけください。

コンパクト撮影スタジオを組み立ててみる

雑誌の本体の方はあまり興味ないので(パラパラめくったら面白そうなのもあったのですが、優先度低い)撮影スタジオを組み立ててみます。大きさはA4くらいです。

中身は本体と敷布、そしてUSBケーブルです。

パカッと開けて、組み立てていきます。

パパっと。

ホイサッサ。

パパっと留めるだけなのでかんたん。

背景となる敷布をセットして完成です。

上の方にはLEDランプが並んでいて、USBケーブルで電源と接続すると光ります。

実際に物撮りしてみる

かなりコンパクトなので、ミニサイズなものしか使えません。ドロイド君に入ってもらいました。

こんな感じの写真が撮れます。

…まぁ、横長で写真撮ればこうなりますよね。なのでスマホで縦向きで撮るとかがいいのだと思います。あとはメルカリなどではだいたい正方形の写真になるので、トリミングすれば使えます。

こんな感じ。まぁ、なんとなくそれっぽくなりました?

スマホも撮ってみました。うーん…どうでしょう?

…これ…今後、使うかなぁ?LEDライトが付いてるのは、わりと嬉しいのですが。

撮影スタジオほしいなら普通に買おう

ちなみにこのコンパクト撮影スタジオ、Amazonの情報によると100円ショップ「meets」で440円で売っているLED付き撮影スタジオという商品と同じ物だということです。雑誌は980円くらいだったんですけどね。

こういったボックス型の撮影スタジオが欲しければ、Amazonでいくらでも似たようなのがありますし、価格もまぁ安いものもあります。今回はネタのために雑誌で買いましたが、やっぱり付録は付録並みでしかありませんね。

しかし…ネタにするんならもっと早く、購入直後に書くべきだったんですが…。

やれやれ。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING