雑記

days[D-R-A]

「余談」
私の日記は’99年の7月から始まった。
当初はD−daysという名だった。
2000年の1月から、Rーdaysになった。
そして、8月からはAーdaysになった。
では、この「D」とか「R」とか「A」の意味するモノは?

Dーdays[1999.7->1999.12]
Dの示すのは「死」や「破壊」を意味する英語の頭文字からとった。
この頃の心境を表しているとも言えるが、いつ無くなってもおかしくない、
という意味も込められている。

Rーdays[2000.1->2000.7]
Rの示すのは英語で「再び」などを意味する「re」からきている。
リターンやリカバーリロケートなどの「re]だ。
もう1度、全てを1からやり直すつもりで、という願いが込められている。

Aーdays[2000.8->2001.3?]
Aの示すのは英語の「a」である。「1つの」とか「ある」とかいう意味。
A−daysとは「ある1日」とか「何気ない日々」とかいう意味を込めた。
単数の「a」とつけているのにdaysと「s」がつくのもおかしいかも。
でも、「ある1日」の集合なのだから、よしとしよう。

おそらく、このD−R−Aで日記も終わるだろう。
大学生活の後半をいつか、振り返ってみたいものだ。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。