嫌な、自分

なんか、暇だった。
高麗に行った。1年半ぶり?
移転して広くなってた。焼肉定食食べた。おいしかった。

また、嫌な自分が出てきた。
怒りと、嫉妬と、妬みとに意識が犯されていく。
こんなんだから、誰も自分を愛してくれないのだ。
自分が自身を愛せないのだから当たり前である。

夕方、大石が「ちょっとはずすわ」と言って姿を消したまま帰ってこない。
明日の山田杯は行かないと言っていたが、この荷物どうするよ?
関君も22時過ぎに帰ってきて、帰ってきたかと思えば「これから飲んでくる」
と言って荷物を持っていった。
2人の行き先に何となく心当たりがあるあたりが嫌な感じ。
だから、だから嫌な自分が現れてきた…また言い訳か?

自分が愛せる自分になりたい

明日は山田杯。
なのに、エリアにいろいろ忘れ物しました。
そう、ポスト持ってくるの忘れました。ついでにパンチも。
ああ、おばかさん。
明日7時半、エリア開くかな?開かなかったら どうしよう?
時間をずらしてやるか…ああ、おばかさん

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING