24時間夢リレー2

3時に起きた。そして、競技場へ。みんなまだ走っている。
すごいよな、24時間だぜ。まだ12時間も走りつづけるんだぜ。
八田さんが来ていた。あぁ、今年もお世話になります。ありがとうございます。
3時から1時間は6人体制。でも、4時からは3人体制。辛くなるんだろうな。
と思ったけど、まだそんなに走っていなかったので余裕だった。この時は。

僕が起きてから1周目を走って競技場に来ると待っていた観客が来た。
大石・柄澤・関・村上の4人が来てくれた。
悲しいことにみんな男。八田さんも志村さんも朝には帰ってしまう。
その後は男だらけだぜ。やれやれだぜ。

朝になり、昼になり、会場はどんどん熱くなる。選手も、天気も。
雨対策はしてたし、熱くなるのも予想できたけど、ここまでとは…。
日焼け止めは試供品のようなものが無償提供されていたのでそれを利用した。
で、昼になる頃にはもう僕の足もけっこうキていた。
足が痛いよ…。
痛みさえ我慢すればまだまだ速く走れるのだが…。
そう思っていたら右膝が痛み始めた。昔痛めたところだ。
それからはあまり走らなかったので まだよかった。

そして14時ころ、24時間リレーもあと1時間となった時、僕の最後の活躍が来た。
もうこれで最後(予定)だから、全力で!そう思った。
競技場を出る前に「66番はっや〜い!」と言われた。
66番はうちらのチームの番号ね。見ず知らずの姉さんに言われちゃった。
でも、その姉さんの言葉には応えられなかったかな?ちょっとバテた。
結局最高タイムは1周目の6’30。最後は6’32だった。
ま、とにかく、僕は頑張ったよ。

そして、24時間リレーは今年も幕を閉じた。
記録は165周。自己最高記録だ。ま、今年は人数も多かったけどね。
しっかし、こんなにバテるとは…。
まだまだ体力不足。がんばろう。

帰りは ちょっと眠かったけど、頑張って帰った。
渋滞もあったけど、頑張った。そうしてつくばに帰る頃には何故かハイに。
う〜ん、寝れるかなぁ?
いや、でも、ホント今は気分いいのよ。酒も飲んでいないのに!

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING