貴女は太陽のKomachi Angel!!

 あの人に会った。誰かって?僕が惚れているあの人、だよ。
もっとも、完全に片思いではある。
なんか、こう一目見たときから いつもと違った輝きがあった。
それが髪型のせいなのか(いつもとほんのちょっと違う気がした)、逆光のせいなのか、
それとも服装のせいなのか(お姉さん、お嬢さんぽい格好だった。ステキ☆)
ただ単に僕が惚れているからなのかはわからないけど、輝いていた。
話ができたのはほんの数分だったけど、それでも会えてうれしい。
まるで小中学生と同じレベルで喜んでいる、子供な俺様。
それに比べ彼女はどんどんオトナになっていくようだ。
だんだん僕から遠いところに行ってしまうようでちょっと怖い。
思ったね、彼女こそ僕の太陽!

 そういうわけで、今日は機嫌が良かった。
だからバイトで昼勤が仕事かなり残っていたとしても、休憩時間になってもFCがいても、
すべてを許せる余裕があった。
でも、考えたよ。僕は今、彼女の前に胸を張って立っていられるのか?
否。
何か中途半端な自分。堕落した自分。自分が好きでない自分。
それでは、ダメだ!
だから、僕はやり直す。がんばる、がむしゃらにやってみよう。
自分の好きな自分になれるように、彼女が振り向いてくれる男になるために。
僕の太陽に照らされる大地になるために。

 熱い夏が、来る。

・・・だいぶ恥ずかしい日記を書いているが、決して酔ってるわけじゃないっす。
本気で、そう思うんだよ、ホント。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING