暑気払い

 カードックオオノから電話あり。
結局修理には4万弱くらいかかるそうだ。これでホントお金が…。
合宿中にお金をおろすとか、そんなハメになりそう。
でも、これでランティスが健康になれば、いいのだが。

 暑気払いコンパはその名前とはウラハラに涼しかった。
ま、実際に暑気を払った、てーことでOKすか?
最初は「何だかこの辺、平均年齢高いぞチーム」で飲み始めた。
やっぱり夏はビールでしょ。ということでビール(+発泡酒)から。
でも涼しかったのでそこまで美味しくなかった。

 ちょっとして今度は「若い男の子に囲まれてみよう」ということで
1年男子ズのところへ。この時、僕が女の子の輪に入ると思った人多数。
今年の1年生もホントに楽しく激しくな奴等ばかり。
ここで今日の目的の一つ「東北大大会勧誘」を決行。
みんな行きたいと言ってくれた。よしよし。

 その後、どういういきさつかは忘れたのだが女の子2人と連続で
タイマンで話すことに。話す、というか話させられたというか、自分でも話したかったのか?
まぁ2人ともこの日記を時々読んでいるようで、
「じゃあ、あなたが好きなのはアノヒトでしょう?」
「はいそうです。あのとき日記に書いたのはアノヒトのことです。
 でも、またそれとは違うような気も…。」
「誰でもいいんですか?私でもあの子でもこのコでも…。」
「そういう面も無きにしも非ずで…。」
というような内容。(こんなセリフは出てこなかった気もするが。)
まぁ、こう話していると自分でも考えてしまうのです。
ど〜なんだろうね、実際。自分でもようわからんよ。

 その2人から無事逃げた後、今回最大の目的のコとも話ができた。
(こんなこと言ってるから上のように言われるんだろうけど…。)
55点…それは僕の心に突き刺さった。
そんな…ムゴイ…。僕に希望はないのでしょうか?

 そんなわけでとりあえず終了。
ということだったけど帰る様子はあまりない。
なのでその後も何人かと話をしていた。
寒い。涼しいどころではなく寒かった。歳かな〜?やばいよ。
このとき1年生の女の子とも話し、東北大大会に誘った。
行ってくれる気もする。楽しみだ、東北大大会。

 あまりに寒くて帰った。ラーメン食べた。気持ち悪い。
吐いた…。う〜気持ち悪い…。
二日酔い確実だね、こりゃ。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING