地元でつぼる

 実家生活3日目にしてようやく家の周りを散策し始める。
昔は遠かった場所も今では歩いて行ける。なんだか狭くなったような気分だ。
ま、自分が(物理的に)成長したってことだな。うん。
それにしても、いろいろ変化していた。
清水を離れてから5年、たった5年で思い出の地は無くなっていた。
ことごとく。

 小学校の入り口も変わっていたし、昔は田んぼだった場所は住宅地。
ま、そこに実家は建っているのだが。
そして変わらない店もある。
「こんなに小さかったっけな?」とも思った。
やれやれ。

 午後も市役所に転入届を出すついでに高校時代に通った本屋とか回った。
で、帰りにふと「この道行くと(曲がると)高校に行くんだっけ?」
と思ってしまい、案の定つぼった。
でも、そこはさすがにオトナ。焦ることなく「何とかなるさ。」
オリエンテーリング5年やった経験から来る余裕だね。
でも、南北間違えて逆方向に行こうとしてしまったりも。
やっぱコンパスないと駄目だね。
やれやれ。

 やらなきゃならないことはある。
でも・・・なんだかなぁ。
このままじゃいけない、と早くも思う。
やっぱり一人暮らしのほうがいいなぁ。
3食出てくるのは嬉しいんだけど。
やれやれ。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING