極寒の地 高原走る 菅平

 0:00、学駐に集合。挨拶はやっぱり「おはよう。」
そして出発。
いろいろ考えた配車の結果、僕の車は庄山さんと秋吉さんと亀山さん。
ギャルcarです。いいねぇ。
でも、みんなには ちゃんと寝てもらわねば。
できれば普段と同じような睡眠時間でいて欲しいものだが、車で寝るのは
けっこう疲れるんだよね。
とりあえずBGMはおとなしめの曲にしておいた。
自分が眠くならない程度に。

 上信越道の横川SAで待ち合わせしていた。
僕が着いたのは3:05。だが、他の車が着いたのは3:50だった。
こんなに離れるとは思わなかった・・・。

 そんなこんなで菅平には6時半くらいには着いた。
心配していた雪も凍結も大丈夫だった。
でも、道路外には雪がチラホラ。

 会場でコンパスを売っていたので悩んだ末に購入。
が、箱から出すといきなり泡が。
慌てて交換してもらうが、どうやらこれは急に冷えたから(もしくは標高が高い為)らしい。
確かに他の人のコンパスもだいたい泡入りになっていた。

 全日本リレーは図情大OLC「ド」チームだった。
希望通り(?)1走。
スタートがタイミングを計りきれず、
「パン」
と鳴った時にはみんなで「えぇ?」と驚いていた。
だって急だったし。

 レース内容はと言えば、やっぱりまだまだアップが足りなかったかな?
・・・ウォーミングアップね。
体力的にも不十分だったけど、技術的にもダメ。
あんまりコンパスを使わなかったと言うか、「だいたい」で行ってしまった。
まぁ柵とかコンタリングとか、ほかにもいろいろ使ったけど、ちゃんと直進もしておくべきだった。
何より今日の目標であったはずの「集中して臨む」ということを忘れていた。
途中で気がついたけど、達成できたとは言えない。
馬鹿パックもしたし。
まだまだだな。

 レースも終わって他の人の応援なぞしていたけど、寒い。
寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い・・・。
足もとから冷えてくる。毛布の上にいるのに・・・。
余りにも寒いので毛布に包まって固まっていました。
それでも寒かったけど。

 宿はまぁまぁ。
風呂が少し小さくて2人くらいしか入れなかったけど。
とにかく暖かいのが良かった。
そういうくらい今日は寒かった。
やれやれ。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING