雑記

ジュニアチャンピオン大会

 夢を見た。
しかも警察に捕まる夢。
これから大会という時に、学駐でつかまる夢。
起きて、夢だと確認して、ほっとした。
ふぅ。

 ジュニアチャンピオン大会。
今井城址だった。かつてここは七国峠と呼ばれていた。
それは、僕の1年のときの新人戦の場であり、つまりは僕にとって「始まり」でもある。
それだからか何なのか、気合が入っていた。
インカレの時と同じ空気を僕は纏っていた。

 会場につくと、なにやらビデオを上映している。
オリエンティアの後ろをつけている映像。
誰だろう?外国人のようだけど・・・ていうか速い、速いよ。
しかも止まらないよ。すごい!速い!パワフル!どこで地図見てんだ!?
結局名前はわからなかったけど、ハンネビョルナーだったのかな?
僕の知っている外国人オリエンティアは彼女だけだけど、似ていたし。
他にも映像のあった人はいたけど、とりあえず彼女だけでおなか一杯だった。
すげぇな、あんなふうになれたら、凄いな。

 レースは始まって、しばらく調子が良かった。
サボリ症の僕にしては中々走っているぞ。うん、よしよし、気合が入ってるぞ。
と、進んで4ポ。
グキィ・・・。
また、やってしまいました。同じ右足首。
とりあえず、動けそうにないので、休憩。2分間。
そして走り出す。ちょっと痛みがあるけれど、救護所はすぐそこだけれど、
せっかくなら完走くらいはしてやるぞ、と。

 レース中、会場でのビデオを思い出し、歩く自分を叱咤激励し、なんとか頑張る。
時々調子がよくなるものの、やっぱり痛む足首。
しかも、その後も軽く捻ったり無理に曲げてしまったり。
そのたびに激痛が。何度もうめいた。
でも、なんとか完走した。えらいぞ、僕。

 レース中は「集中しろ、アドレナリンを炊きだせ、痛みを消すんだ、忘れるんだ」
な〜んて思ってたけど、痛みは引かず。
が、ゴールで埼玉大の人と話していて、そのあと会場に帰ろうとした頃には痛みが酷くなっていた。
やっぱりレース中はそれでも痛みが消えていたようだ。アドレナリン効果!?
会場までが長く、辛い道のりとなった。

 痛む足を引きずりながらも車を運転し、帰った。
あ〜あ、これでまた休まなきゃな。
ていうか、来週は勢子辻に行けるのか?
・・・今度からテーピングしようかな・・・。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。