夏合宿4日目『図6リレー』

 そして迎えた図情杯当日。
OBになってから毎年思うけど、早いなぁ〜。
現役のころは、もちろんだけど、全メニューに参加して、濃い合宿をしてきた。
でも、OBになると、とりあえず図情杯の運営があって、それであっという間に時間は過ぎる。
…それとも年をとると時間の流れが早く感じるって奴でスカイ?

 図情杯の運営は、あとからわかったことも多々あるけれど、
脇野が表彰式のときに言っていたように「ツメが甘かった」と思う。
熊のことがあったとはいえ、もっと気をつけていれば防げたこともあった。
来年はまた、最高の舞台を用意できるようにがんばろう。

 で、図情杯をとったのはMEはT橋、WEは澤さん。
うむ、どちらも予想通り期待通り。どちらもぶっちぎり。頼もしい限りである。
2年生は図情大最後の世代となるわけだが、もう一花咲かせるだけのポテンシャルはあると思う。
がんばってクレイ。

 で、図6である。かな〜り、気合は入ってます。
ここまで6年間、1度も勝ちのない僕。今年こそは勝たねば!
ということで半分監督のようなこともやりつつ、チーム編成。
OBチームの方針はWEとMIXで勝つ。MEは取れればいいなぁ、程度。
で、対戦表。

ME (OB/OG)高瀬−宮城島 (現役)厚主−宮井
MIX(OB/OG)前田−脇野  (現役)齋−目黒
WE (OB/OG)志村−八田  (現役)澤−清水

う〜ん…目黒くんを女子扱いで出すなんて、許したつもりはないんだけど。
一応『女装して、それをOBが認めれば』とは言ったけど、全然だし。
で、そのままなだれ込むように時間が。
つまり、この時点で現役は反則負けなのだが…。

 1走は一応高瀬さんがトップで帰還。だが、Sをいったはずがかなり遅い。
で、僕は飛び出すも1ポにたどり着く前に左目のコンタクトがズれる。
図6のコースを自ら組んで参加したバチが当たったかと思った。マジで。
もちろん、その後のレースはぼろぼろ。
大きくつぼることはなかったけど、片目しか見えないので距離感がつかめない。
おかげでスピードは出ないし、視界は狭いし…。
自身のレースは諦めていました。

で、結果
ME現役 MIX卒業生 WE卒業生 で、卒業生の勝ち!
う〜ん、計画通り。すばらしい!
そういえば、僕がコースを組んだと知った時の現役からはズルイと言われたが、
下見・設置・撤収・メニューで何度もこのテレインに入っている現役のほうがよっぽど有利なんだよね。
ほとんど「1度は行ったことのあるところ」だし。
まぁ、それでいて卒業生チームの勝ちなので、まぁいいや。
宮城島俊太、7年目(出場5回目)にしてやっと勝ちました!
どうもどうも!
ありがとうございます!

 夜の表彰式もちゃんと盛り上がり。
なかなか楽しい酒が飲めました。ただ、ちょっとうるさかったね。
あそこまで一気ばかりやられても…。
そういう『出し物』を見ていたら全然自分の酒が飲めなかった。
お酒は苦しくなるために飲んではいけません。楽しく飲みましょう。

 で、図6である。かな〜り、気合は入ってます。
ここまで6年間、1度も勝ちのない僕。今年こそは勝たねば!
ということで半分監督のようなこともやりつつ、チーム編成。
OBチームの方針はWEとMIXで勝つ。MEは取れればいいなぁ、程度。
で、対戦表。

ME (OB/OG)高瀬−宮城島 (現役)厚主−宮井
MIX(OB/OG)前田−脇野  (現役)齋−目黒
WE (OB/OG)志村−八田  (現役)澤−清水

う〜ん…目黒くんを女子扱いで出すなんて、許したつもりはないんだけど。
一応『女装して、それをOBが認めれば』とは言ったけど、全然だし。
で、そのままなだれ込むように時間が。
つまり、この時点で現役は反則負けなのだが…。

 1走は一応高瀬さんがトップで帰還。だが、Sをいったはずがかなり遅い。
で、僕は飛び出すも1ポにたどり着く前に左目のコンタクトがズれる。
図6のコースを自ら組んで参加したバチが当たったかと思った。マジで。
もちろん、その後のレースはぼろぼろ。
大きくつぼることはなかったけど、片目しか見えないので距離感がつかめない。
おかげでスピードは出ないし、視界は狭いし…。
自身のレースは諦めていました。

で、結果
ME現役 MIX卒業生 WE卒業生 で、卒業生の勝ち!
う〜ん、計画通り。すばらしい!
そういえば、僕がコースを組んだと知った時の現役からはズルイと言われたが、
下見・設置・撤収・メニューで何度もこのテレインに入っている現役のほうがよっぽど有利なんだよね。
ほとんど「1度は行ったことのあるところ」だし。
まぁ、それでいて卒業生チームの勝ちなので、まぁいいや。
宮城島俊太、7年目(出場5回目)にしてやっと勝ちました!
どうもどうも!
ありがとうございます!

 夜の表彰式もちゃんと盛り上がり。
なかなか楽しい酒が飲めました。ただ、ちょっとうるさかったね。
あそこまで一気ばかりやられても…。
そういう『出し物』を見ていたら全然自分の酒が飲めなかった。
お酒は苦しくなるために飲んではいけません。楽しく飲みましょう。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING