雑記

 勧誘電話(?)がかかってきました。
昼ごろ、こっちが寝ているのにかかってきて、80秒以上呼び出し続けていたのですが、
知らない番号だったし、眠いので無視していました。
で、17時前にまた同じ番号からかかってきました。
仕事の電話だったら困るので、とりあえず出てみることに。

「あのー、郵便物のですね、確認をしたくてお電話したんですが…。」

はい、まず名乗りません。怪しさ40%です。

「はぁ…。」

「わたし厚生省公認の…なんたらかんたら…のホシといいます。」

厚生省公認ですって。spamメールでよくくるアノ業者かしら。やだ困る。
怪しさ90%です。この会話、録音してやろうかしら。

「先日、国土交通省公認の宅地建物取引の資格の…なんたらかんたら…をお送りしたんですが、
 もう、確認しましたよね?」

今度は国土交通省ですか…。

「で、もう2ヶ月も前に、10月1日に確かにこちらから発送しているんですよ。確認しましたよね?」

いったい、何を求めているんだろう?やっぱり、ここで見てないといって、説明したいんだろうか。
確認したと言ったらどうするんだろう?どうせそんなの送ったわけじゃないと思うし。

「いや、届いていないです。」

「普通郵便で送ったので、100%届くとは限らないんですが、こちら仕事や…なんたら…の役に立つ、そしてみなさん一番関心のあるご収入のですね…。」

「みなさん」とか「ご収入」だとか、だんだん言葉遣いが営業になっています。
さて、そろそろきりたいな。

「届いていないのなら、ご説明しましょうか?」

「いや、説明しなくていいです。」

よかった、すんなり終わった。
途中でいきなりきってもよかったけど、何を言うのか興味もあってすべて聞いてしまった。
やれやれ。
こういう電話があるたびに聞きたいこと(でも、いつも聞けないでいること)。
・どこでこの電話番号を知ったのか。
   →今回の場合、その発送元から、と言いそうだけど、その住所も含めて確認したい。
    送った、というのだから、住所もわかっているはずだが、仮にそれが自分の住所と
    一緒だったら、それは更に怖いな。
・けっきょくアンタは何がしたいのか。
   →こっちの貴重な時間を奪ってまで…。まぁ、「今お時間大丈夫ですか?」と聞くだけいいが。

 あ〜、やっぱりすぐにきればよかったかな〜。
ネタにするのも面倒だ…。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。