雑記

夢を見た

 今日の出来事は、また別で書くが、今日の夢。
アパートからモンペリまでの道を歩いている。
なんか、ゴミ袋のような白いのが2つ落ちている。
片方(左側?)が動いた。こっちに襲ってくる。ていうか、倒れただけ?
焦って避ける。
あれ?僕出かけてないよな?ベッドで寝ていたはずだよな?あれ?これ夢?
とふと気付く。

 気付いたとたんに身体が浮く。
周りは真っ暗に。
何か浮遊感。
自分の部屋にいる。部屋の中で浮いている感じ。
自分は目を閉じている。ていうか、今夢の中かどうかわからない。
もう意識はある気がするし、夢か現か?
風が強い。目は閉じていても、それを感じる。浮いているような感覚も。
目は閉じているが、周りが見える気がする。(この辺が夢っぽい。)

 浮いてるよ、浮いてるよ・・・。
そう思うと、怖くて目を開けられなかった。
開けて、本当に浮いていたら怖いし。
身体も、なんか金縛りというか、動きづらい。(夢の中じゃそんなもんか。)
あ、ゆっくりと降りている感じ。身体はまだ重い、うまく動かない。
完全にベッドに降りた。
身体もなんとか動く。
もう、完全に意識はある。ここは現実。
これで目を開けて、隣に宇宙人がいたらイヤだなぁと思いながら、
勇気を持って目を開ける。(けっこう時間がかかった。)
空は白んでいる。4時〜5時だろうか。
とりあえず、部屋は普段どおりなので安心。でも、ちょっと不安。
寝ようとするが、ちょっと眠れなかった。
やれやれ。
ここまでの一連、本当に繋がっていたと言うか、途切れがなかった。
夢と現実の境目が曖昧だった。
怖いねぇ。

著者近影 Shunta MIYAGISHIMA

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。