引越しが終わって、部屋に帰ってすぐ寝てしまった時に夢を見ました。
少し前に好きだったあの子が出てきました。
何故か同期の面々もいて、どこか旅行していました。
合宿かなんかの帰りとか、そんなカンジ。
で、場面は変わって僕の部屋(?)
あの子は長江君といちゃいちゃしていました。
なんかムカつきました。
夢を操作したい今日この頃です。

 なぜ、あの子が今ごろ出てきたのだろう?
・・・今日、寮であの子に似た子を見ました。
よく見れば似ているとは言えないと思うけど、一目見たときはドキッとした。
だから出てきたんだろう。

 あの子を思い出すと、いつもセンチメンタルな気分になる。いまでも。
そういう意味では一番「恋」をした、している人だと思う。
「好き」と「恋」とは何となく違い、また「愛する」とも違う。
少なくとも、僕にはそれぞれ別の人が浮かぶ。

 とにかく、今日はそんな夢を見ました。

ABOUT ME
著者近影
宮城島 俊太 (Shunta MIYAGISHIMA)

茨城県つくば市在住のウェブサイト運営者。ネット上ではc-miya、orefolderなどの名前で活動しています。

ストレスに弱いので、できるだけ好きなことだけをして生きたいと思いながら生活しています。「楽しい」が優先順位の一番上に来るようにしたいですね。

CATEGORY
RANKING